窓のお悩み対策

HOME > 窓のお悩み対策:怖い!防犯で対策!

窓のお悩み対策のカテゴリーを選んでください。

怖い!防犯で対策!

おすすめの防犯対策




おすすめの防犯対策


戸建住宅では約7割が窓からの侵入です。

戸建住宅では、泥棒が侵入する経路にガラス窓が狙われる場合が非常に多く、ガラス破りで侵入されています。
最近の泥棒や空き巣は非常に大胆で、身近にある工具でいとも簡単にガラスを破って手を差し込み、鍵を開けて侵入します。ガラス破りの手口としては、ドライバーなどを使って音を出さずに割る「こじ破り」と、バールなどで力任せに打ち破る「打ち破り」があります。どちらも普通のガラスなら極めて短時間に破ることができるので、泥棒にとって非常に侵入しやすい手口なのです。


窓・玄関の防犯対策

窓ガラスを防犯ガラスに交換
普通のガラスには防犯性能は全くといっていいほど期待できません。
よく網入りガラスは割れにくい印象を持たれている方が多いですが、網入りは逆に割れやすかったりします。

一度その弱さを知ってしまえば、家の窓ガラスを防犯ガラスに交換することに抵抗はもたれないと思います。
防犯ガラスで安心な窓にしましょう!


防犯性能の高い鍵へ取り替え
泥棒は一番嫌がるものは侵入に時間をかけることです。
裏をかえせば、侵入にかかる時間が長くなるほど、侵入をあきらめてくれる可能性が高くなります。
窓に補助錠を付けて、本錠とのツーロックにすることで、泥棒の侵入を防ぐことにつながります。
この方法は防犯ガラスと組み合わせることで、より防犯性能の高い窓にすることが可能です。


面格子やシャッターの取り付け
窓の外側に面格子を取り付けます。面格子がすでに付いている窓でも、どのように壁に取り付いているかということが重要です。すぐに取り外せてしまう面格子の場合は、泥棒に目を付けられると簡単に外されて侵入されてしまいます。


玄関・勝手口の鍵を防犯対策用の鍵に交換
空き巣の侵入方法で1番多いのは、窓ガラスを割って入ってくるガラス破りです。ですが、いろんな手を使って玄関の鍵を開けて入ってくることもあります。玄関の鍵を防犯対策済みの鍵に交換することで、空き巣の侵入を防ぎます。

前のページに戻る